夏に咲き乱れる美しい花には毎年目を奪われます。かわいらしいデイジーの花の親戚にあたるカモミールフラワーが私たちは大好きです。春の終わりから夏にかけて咲かせる白い花は暑い夏に涼しげな空気を与えてくれます。

カモミールはキク科の植物で古くから知られているメディカルハーブの一つです。その魔法のような効果にギリシャ人は崇拝し、ヒーリング効果にギリシャ人はカモミールをあがめました。カモミールはリラックスそして心を落ちつかせる効果があるハーブとして何百年も人々に愛されています。現在カモミールは世界中で精神的、身体的な治療法として使用されています。

Chamomile Flowers

カモミールの代表的な使い方はお茶として飲むことです。眠れない夜のリラックスに、とおすすめされることが多いと思います。温かいマグカップに入れたカモミールティーを就寝1時間前に飲むととても効果的ですよ。

もし身近に自然のカモミールの花が手に入るのなら、ティーの作り方はとても簡単です。早朝に頭花を摘み、水につけて虫や不純物を取り除きます。取り出し、乾かします。どこかにつるしても良いですし、一度200度に予熱してスイッチを切ったオーブンに入れてもOKです(頻繁に様子を見てくださいね)。花が乾いたら、ティーを作る準備は万端です。もし自然のカモミールが手に入らない場合はLe Pain Quotidienのカモミールティーをどうぞ!

chamomile

ホットティーとして飲まれることが多いカモミールティーですが、夏の暑い日には冷たく冷やしても美味しく召し上がれます。まず温かいカモミールティーをポットに作り、氷、味付けにレモンやハチミツを入れれば出来上がりです。氷でティーを薄めないようにするには、ポットに作ったカモミールティーを氷のトレイに入れ、カモミールティーキューブを作ることです。その中に花びらを少し入れて固めると、見た目にもとても美しく楽しめますよ。

カモミールはティーとしてのリラックス効果以外にもいろいろ使うことができます。カモミールの花、又はオイルをお風呂に入れれば筋肉痛、足の疲れ、さらに肌を柔らかくする効果があります。そしてティーバッグには目のくまを薄くする効果がありますよ!

小さな白い花にこれだけの効果があるなんでご存知でしたか?他にカモミールを楽しむ方法があればシェアして下さい!