会社概要

1990年、アラン・クモンはブリュッセルに住む一人の若いシェフでした。
彼はレストランで働いていましたが自分の満足のできるパンにはなかなか
出会うことができませんでした。品質に特にこだわりを持っていたアランは、
原点に戻り自分自身で作り上げることに決め、小さなベーカリーを作りました。
生地をこね、満足のいくまで小麦粉・塩・水の配合を模索しました。
この時出来上がったパンは今では5大陸、200か所以上のLe Pain Quotidien店舗で
私たちのメニューの中心となっています。
現在Le Pain QuotidienはNYに拠点を置いています。