Humble daily little miracles

毎日のミラクル
パンが焼きあがるときのあの香りは毎日でも飽きることがありませんよね。
アランのベーカリーの名前は父親のある言葉に由来します。
“moi, ce n’est pas mon pain quotidien!”
「これは私が毎日食べたいパンではない!」
アランの心に迷いはありませんでした。
Le Pain Quotidien「日々の糧」
過去が現実となり、未来も私たちと共にある

 

A family affair

アラン一家
アラン・クモンはパンを焼く楽しさを小さい時から知っていました。

身長が小さすぎてカウンターにある生地に手が届かないときは
叔母のSimoneが椅子の上に 立たせてくれ、毎週日曜日にはパンだけではなく、
様々なタルトも皆で焼いていました。

クモンファミリー
アランと兄

アランの家族も「幸せ」を作り上げる情熱を持っていました。
アランの母方の祖父母はベルギーのLiègeにレストランを経営し、
父はシェフとして働いていました。
アランはその父と同じホテルスクールで学び、彼自身の道を見つけるまでは
​家族が敷いたレールを進んでいました。

Impossible perfection perfectly mastered

理想を追い求めて
ブリュッセルの若いシェフとして、アランは昔から食べている彼の理想的なパンを探し求めました。何も見つからなかったことはむしろ幸運だったのかもしれません。このパンへの思いを満足させるには、自分の記憶の中から自身で作り上げていくしかないと気が付きました。そして、アランの思いが詰まったLe Pain Quotidien が誕生したのです。

Le Pain Quotidien第一号店

16 Rue Dansaert Bruxelles, Belgique

全てはブリュッセルダンサエール通り16番から始まった
Le Pain Quotidienの最初の店舗は1990年にブリュッセルにオープンしました。
​ そして数か月の間にさらに10店舗がオープンし、全ての店舗でアランの思い出のパンが
売られていました。7年後、アメリカに店舗を広げたいというアランの夢は現実となり、
旗艦店である第一店目がNYのMadison Avenueにオープンしました。
そして今、アランが思い描いていた焼きたてで、昔ながらの製法で
作られたパンが世界200か所以上でその地域の人たちに愛されているのです。

"My idea was simple,
having a place where I can feel home...
away from home."

私の考えはシンプル。
​もう一つの故郷を持とうと思ったのです。

Alain